メロンの種類によって日持ちに大きな差あり!?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

普段、何気なく食べているメロンは「早く食べないと悪くなる」、「どのくらい日持ちするの?」といったようなことになってないですか?

それは、メロンの品種によって日持ちが悪いのと良いのがあります。今回は、メロンの日持ちについて紹介したいと思います。

日持ちは品種で大きく違う

メロンの品種は品種によって大きく違います。

夏場では日持ちの短い品種では2~3日でダメになるものと3週間は常温で保存できるものがあります。

「アールス・フェボリット」の血を引いているものは日持ち性が長くなります。

ですが最初は、果肉が硬くて食べにくいです。

ある期間をすぎると柔らかすぎて食べにくくなります。

これは、エチレンが関係しています。日持ち性のないものはエチレンの影響を受けやすく、逆に日持ち性のあるものはエチレンの影響を受けにくくなっているからなのです。

このエチレンは果実自体から発生しているもので、日持ちの良いものはエチレンの発生量が少ないことがわかっています。

メロンの日持ちと食べ頃とは?

メロンは他の果実とは違ってどんなに日持ちが短い品種でも取り遅れにならないがぎり、収穫後は硬くて食べにくいのが普通です。

収穫後は短いもので1日で食べ頃になったり、長いもので1週間たたないと柔らかくならないものがあります。

それでは消費者には食べ頃が分からないと言われてしまいます。

なので、メロンに食べ頃の日付やシールを張るようになりました。

食べ頃の表示

温室メロンやアールス系メロンでは食べ頃の表示されて売られているものがあります。

スパーなどで売られているメロンについているのをみたことがありませんか?

ですが、この表示はハウスメロンではほとんど表示されていることがないのです。

その理由は、ハウスメロンはだいたい収穫後3~4日で食べ頃になるので特に表示が必要とされないからなのです。

片親によって日持ちが変わる

新しい品種を作るときに性質の異なったメロンを交配します。

片親がアメリカの露地メロンだと日持ちはよくなく、夏系アールスにするとかなり日持ちが良くなります。

アールスフェボリット種が人気が出た要因は、元々の品種と比べて香りが劣ったものの、日持ちがよかったことがあります。

なので、これからは輸出もできる日持ちが長続きするような品種が人気になって行くと思っています。

まとめ

今回はメロンの日持ちについて紹介しました。

メロンは品種によって日持ちが違うので注意が必要ですね。

ですが、最近は食べ頃表示がされているので食べ頃を逃すのとは少ないと思います。

メロンを美味しく食べるための知識がまだまだ浸透していないものなのでより多くの人に知ってもらいたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.