メロン農家による栽培体験と実践方法の記録

メロンを植えるための圃場準備と畝の作り方

佐々木
WRITER
 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

メロンの苗が順調に育ってきたらハウスや圃場に植えられるように準備をしましょう。

今回は、自分がやっているハウスで立体栽培(立ち)をするための準備や畝の立てかたについて紹介します。

施肥量

一般的には、メロンは100㎡あたり成分量だと窒素1kg、リン酸2kg、カリ1kg 程度が標準。

ですが、私は通常よりも多めに施肥をしてハウスで年に2回収穫できるようにしています。

メロンの場合、通常は追肥は行わないので多めにまいてもスイカのようにつるぼけのようなことにはならないので安心です。

もしも、昨年に一度肥料をまいていたのなら残存肥料を診断してもらってそこから、施肥量を決めています。

例えば、

EC 03mS/cm以下 ・・・・・ 通常の施肥量

  03~05mS/cm       ・・・・・ 通常の半分

      0.5mS/cm1以上   ・・・・・ 無施用

ちなみに、緩効性肥料といって即効性肥料に比べて効果がゆっくり効いてくるものを使用している。

畝たて

畝は基本に水分管理がしやすいように30cmの高畝にして畝と畝との間は120cm空くような間隔で畝を立てます。

潅水しやすいように潅水チューブをマルチの中に設置。

畝を立てられる本数はハウスの間口によって変わってきます。

ハウス間口畝数
4.5m(2間半)単条 3畝
5.4m  (3間)単条 4畝
6.3m (3間半)単条 5畝
7..2m (4間)単条 5畝
8.1m (4間半)単条 6畝

このように、ハウスの大きさによって立てられる畝の本数が変わってきます。

私のハウスでは、間口が3間半なので5畝で栽培している。

 

 

マルチ

畝立てに使用するマルチは、春に栽培するものと夏に栽培するものでは使用するマルチの種類がちがいます。

春に栽培する場合は地温を確保するために透明マルチ。

夏に栽培する場合は地温を上がりにくくするためにシルバーマルチ。

これらを使いわけています。

マルチをかけたら、春作の場合は地温が18℃になるように植える一週間前にはハウスを閉め切って温度を上げるようにする。

春は温度に気を使わないといけないといけないので個人的には夏よりも管理が大変な感じですね。

シルバーマルチ

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク











Copyright© melonote , 2019 All Rights Reserved.