農業をしたいけど何をつくったらいいの?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

農業をやりたいと言って農業を仕事にする人がいます。

  • 今の仕事をやめて農業をやりたい!
  • 農業という生き物やたべものを扱う仕事に関わっていきたい!

そう思って農業を選んだ方もいるでしょう。

ですが、農業といっても様々な種類や品目があります。

農業の種類

  1. 米や麦などの穀物類
  2. たくさんの種類がある野菜類
  3. 切り花などの花き類
  4. りんごや梨などの果樹
  5. 牛・豚・鶏などの畜産

このように農業にはたくさんの品目や種類があります。

この中からあなたはなにをやりたいのですか?

今回は、たくさん種類がある中でどうやって種類を決めていけばいいのかについて紹介したいと思います。

農業がやりたいけどやりたい品目が決まってない

「農業をやりたい!」と思っている人に「何を作りたいのですか?」と聞くと

  • 何を作った良いのか分からない 
  • 儲かる品目は何ですか?

といった質問が出てきます。

なぜこんな質問が出てきてしまうのか。

農業には様々な種類が多すぎて選べないのかもしれません。

農業で大きく稼ぎたいのかもしれません。

この答えは、何かを育てたいとかではなく農業をやりたいというのが動機だからです。

農業をやると決めたのはそこまでなのですから「何を作りたいのですか?」と聞いても分からないわけです。

ですが、農業をやると決めたからにはある程度の品目は絞り込んでおく必要があります。

なぜなら、米を作っている稲作農家と牛や豚などを育てている畜産農家では考え方が違ってくるからです。

野菜を作るのか 花を育てるのか 畜産をするのか

その中でも、何をやりたいのか。

そのくらいは決めておくべきです。

やる品目は1つに絞る必要はない

では、農業でなにをするか決めたら育てる品目を決める必要があります。

品目も1つに絞らなくてはいけないのでしょうか。

野菜を選んだのであればキュウリを栽培したいけど、スイカも栽培してみたいなど。

どれか1つかあるいは数種類選ばなくてはいけないわけではありません。

1つでも複数でも大丈夫です。

小さいときに家庭菜園でそだてたトマトが好きだったからとか。

メロンの良さやおいしさをもっと広めたいとか。

理由はそれぞれあるかと思いますが、これは作りたいと思えるほど思い入れがなければ決めることができないのではないかと思います。

なので、何を育てたら良いのか分からなかったり、儲かりそうな品目を質問したりしてしまうのではないでしょうか。

いろいろ栽培して試してみよう

作りたい品目が決められないうちは様々な種類のものを栽培して試してみましょう。

野菜であれば…トマト・ナス・キュウリ・トウモロコシ・ダイコンなど

そのほかにも稲作をしてみてもいいだろうし、牛や豚を飼ってみてもいいし、りんごなどの果物もやってみてもいい。

いろいろ試してみて、そのうち「これだ!」と思うようなものが見つかるかもしれません。

そうなったときにその品目に特化した経営をすればいいのです。

あるいは、たくさんの品目を組み合わせてやるのもありだと思います。

こういったやり方もあるのだということを覚えておいてください。

まとめ

  • 農業をやると決めたからにはある程度の品目は絞り込んでおく
  • 品目はどれか1つか数種類選ばなくてはいけないわけではないどちらでもいい
  • 作りたい品目が決められないうちは様々な種類のものを栽培して試してみる

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2018 All Rights Reserved.