雑草対策をして効率的に農業を行おう!

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

農業をしていく上で雑草って本当に厄介ですよね。

放置しておくと農作物に影響が出ますし、かといって全部抜いていく時間も手間もかけられない…。

そんな雑草でお悩みの農家の方、家庭菜園を行っている方におすすめの雑草対策をご紹介します。

除草シートを使う

お手軽に雑草対策ができる方法の一つとして除草シートを使うという方法があります。

除草シートは遮光率が高くなっているため、覆った部分の土に日光が届きにくくなります。

そうすると、雑草は日光で光合成ができなくなり、自然と生えなくなってくるという仕組みです。

耐久性が高く比較的安価な不織布タイプと、柔軟性や透水性の高い織込布タイプの除草シートがあります。

どちらが自分にとって扱いやすいのかをよく考えて購入してくださいね。

とにかく草むしりを行う

気が遠くなるような作業ですが、はえてしまった雑草はとにかく引っこ抜くことが最優先!雑草に花が咲いてしまうと、そこからどんどん新しい種が出てきてまた雑草が増えてしまいます。

小さな芽の内から、すぐに抜いていくようにしましょう。

今は途方もないような気もしますが、徹底的に雑草を抜いていくことで種も少なくなり、数年後には雑草も少なくなります。

もちろんその後も他の畑から飛んできた種などから雑草が生えることもあるので、根気強く処理してくことをおすすめします。

何年も農作業をしていると生えにくくなる

隣の先輩農家の畑はあまり雑草が生えていないのになんで自分の畑だけ…と思ったことはありませんか?

何年も同じ場所を歩いていたり機械の出入りが激しいとその部分には雑草が生えにくくなります。土も固くなり、雑草が育ちにくい環境になっているのです。

気づいたら雑草が生えにくくなっている、と思う日が来るかもしれませんので、今は地道に草むしりをがんばりましょう!

除草剤を使う

一番手っ取り早い方法が除草剤を使うことです。

しかし除草剤は人体や農作物に影響があるものも多く、安全面が少し心配ですね。

いくら影響が出にくいと言われているものでも使用に躊躇する方は多いと思います。

本当に手に負えないような場合や、年に何回まで!と決めて使うなど、少し工夫して使ってみるといいかもしれません。

安価な除草剤を使わずに、実際にユーザーが多くクチコミのいい除草剤を使うことをおすすめします。

農業に必須の雑草対策をしていこう!

農業をしていく上で本当に厄介な雑草。手に負えないと感じることもありますが、キレイで健康な農作物を育てるためにも地道に雑草対策をしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.