メロン農家による栽培体験と実践方法の記録

無農薬栽培ができるシェア畑のメリット・デメリット・評判まとめ 農業初心者におすすめ!

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

家庭菜園を始めたいと思ったときにあなたならどうしますか?

ベランダでプランター栽培、家の畑で小さく始めたりなど様々だと思います。

しかし、農業初心者だとどうやって栽培管理したらいいかや病気などになってしまった場合にどう対処したらいいかなんて分かりませんよね。

そんなときにオススメなのが、「シェア畑」です。

シェア畑とは

 

①畑のレンタルできる

シェア畑とは、畑を借りて野菜作りを楽しむ畑のレンタルサービス。

野菜作りを始めるために、様々なサポート機能つきで初心者の人でも失敗することなく野菜を育てることができます。

しかも、化学農薬を使用しない無農薬栽培なので安心・安全です。

②子供から大人まで幅広く楽しめる

子供がいる家族から60代以降のシニアの方まで幅広い年代に楽しむことができるようです。

水道やトイレ・休憩スペースなども設置されていているのでトイレに行きたくなったり、手を洗いたくなったりしたときに自由に使えるところも人気みたいです。

四季や旬を感じるイベントも行われて家族でも楽しめるようになっています。

そのほかにも、農業初心者にも気軽に楽しめるようなサービスがあるので紹介したいと思います。

シェア畑のメリット

①野菜づくりの道具が設置されている

農業をするのには必要な道具があります。

種、肥料、クワ、支柱、ジョウロなど。

他にも様々な資材が必要でこれらを持っていくのは重いし大変ですが、シェア畑では野菜づくりで必要な道具が畑に設置されています。

自由に使うことができて、使い方が分からなくても使い方を丁寧に教えてもらうことができます。

いちいち農園に行くたびに、道具を持っていくのは大変です。

これが、手ぶらで行っても大丈夫なのは気軽に行って野菜の世話をすることができますね。

②無農薬野菜を栽培できる

シェア畑では農薬は一切使わないので、収穫した野菜は安心して収穫して丸かじりすることができます。

肥料についても化学肥料を使いません。

牛糞などの有機質肥料を使用して野菜を育てることができます。

農薬が使われないので、子供が触ったり食べたりしても安心ですね。

③栽培方法を教えてもらえる

いままで、野菜の栽培経験がない場合でも経験豊富な菜園アドバイザーが教えてくれます。

分からないことがあれば、なんでも聞いて教えてもらうことができます。

さらに、定期的に実演付きの講習会が開かれて作業工程を学ぶことだってできてしまいます。

どうしていいか分からずにせっかく育てている野菜がダメになってしまうのは嫌なのでとても助かるサービスですね。

④毎日行かなくてもいい

野菜を栽培していると毎日世話をしなくてはいけなかったりします。

でも、「毎日なんて畑に行けない」という方のために、お世話つきの区画や栽培代行サービスもあるようです。

どうしても行けない場合でも変わりに作業を頼めるので安心できます。

全部作業を代行してもらって、全く畑に行かないのはダメですが週に1回は畑にいって野菜の世話をすることを推奨しています。

休みの日に週一回、様子を見に行くことはできそうな方でもおすすめです。

シェア畑のデメリット

①料金が高い

土地や畑の大きさによって、値段が変わってきます。

大体の区画と料金は以下のとおりです。

  • 3㎡   月5000~6000円/月
  • 6㎡   月8000~9000円/月
  • 9㎡   月10000~11000円/月
  • 12㎡  月10000~12000円/月

ちょっと料金が高いと感じますが、メリットで書いた内容やイベント参加料、指導料が全て込みでこの値段だとお得だと感じます。

②関東・関西の一部の地域しかない

シェア畑は、全国にあるわけではなく関東の都心に近い一部の地域と関西の一部の地域でしかありません。

なので、都心に近い人でないと借りるのは難しいかもしれません。

ですが、今後各地域で新規農園を開設する予定だそうです。

もしかしたら、あなたの家の近くにもできるかもしれませんよ。

③園主が経営する体験農園では自由な作付けができない

場所によっては、園主が経営している体験農園があります。

そこでは、自分の好きな野菜を育てることができないので注意が必要です。

見分けるには、「~体験農園」と書かれています。

また、基本情報にも特記事項として書かれているので確認してみてください。

④契約期間内に解約することができない

公式サイトには書かれていないですが、途中で解約することができません。

シェア畑は一年契約なので、解約するときは契約終了の3ヶ月前に申請が必要です。

もし、解約申請を忘れてしまうと自動で一年延長となってしまうので注意してください。

月々の料金は紹介したとおり、結構高いので一年間続けられるのかをよく考えて契約するようにしましょう。

そのためにも、一度借りたい農園を見学しに行くことをオススメします。

シェア畑は農業初心者におすすめ!

初めて農業をするのに、1から道具をそろえるのは大変ですが、シェア畑には必要なものがすべてそろっているので手ぶらで気軽に行くことができる!

もし、栽培していて分からないことや不安なことがあれば菜園アドバイザーに質問して教えてもらえるから安心。

仕事などで毎日畑に通うことができなくても、週一回の除草や水やりなどの作業をして成長を楽しめる!

野菜育ててみたいけど、管理が大変そうだとか失敗したらどうしようと悩んでいるのであれば、シェア畑はそんなあなたにぴったりなサービスだとおもいます。

他の市民農園にはこんなサービスはついてなくて、すべて自分で管理や栽培を頑張らないといけません。

しかも、トイレや手を洗いたくなったりしても近くになかったりしたら嫌ですよね。

シェア畑ではトイレや休憩スペースも設置されているから安心して農業を楽しめます。

シェア畑の評判

普段見ないような珍しい野菜を見られたり、いつもとは違ったゆったりとした時間を感じることができるみたいです。

シェア畑 メリット・デメリットまとめ

メリット

  • 野菜作りをサポートしてくれる
  • 無農薬栽培ができる
  • 栽培方法を教えてもらえる
  • 毎日行かなくてもいい 週1回推奨。

デメリット

  • 料金が高い
  • 利用できる地域が関東・関西で限定される
  • 体験農園の場合、自由に作付けできない
  • 1年契約で解約するには3ヶ月前まで申請しないといけない

少こし利用料金が高いかもしれませんが、普通の市民農園に比べればトイレも休憩スペースも設置されていて栽培指導もしてくれるのは初心者にはとてもたすかります。

もし、利用したいと思っているのなら無料見学会を実施しているようなので見学してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2018 All Rights Reserved.