種子法廃止について反対してるけどちゃんと理解してるの?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

2018年4月に廃止された種子法。

種子法廃止について反対しているような記事などを見てあまりよく廃止する理由を理解してないように感じます。

廃止すると遺伝子組み換えの農作物が出回るとか、種の権利が奪われるとか様々です。

その人たちは本当に、内容を理解しているのでしょうか?

良く分からないまま、自分の都合のいい用に理解してしまっているだけではないでしょうか。

種子法とは?

主要作物種子法。 通称は種子法と呼ばれています。

1952年に制定された法律で、主に米や大豆、麦といったもの(野菜は除く)安定供給が目的です。

これは、戦後の食料が足りていなかった時代に作られたもの。

50年以上前の話じゃないですか。

今の農業って米ってあまってますよね。

十分に供給されていると思うんですよ。

減反政策をしていたぐらいです。

それに、若い人とかはあまりお米食べないじゃないですか。

なので、いまこの法律いるか?って話なんですよね。

もう一度確認ですが、種子法は制定されたのは戦後で目的は食糧供給のためですよ。

種子法廃止を反対している理由

この法律の廃止をやめさせようと反対している人たちがいます。

理由は遺伝子組み換え作物が出回るから危険と種の権利が無くなるこの2つが一番良く効く内容です。

順番に解説していこうと思います。

遺伝子組み換えが出回る問題

遺伝子組み換え作物は厚生労働省で安全性審査を受ける必要があります。

この審査をうけてから、安全性に問題がない場合のみ輸入や販売をすることができるので種子法とは全く関係ありません。

なので、遺伝子組み換えの米などが出回るのは不可能に近いことではないでしょうか。

種の主権が脅かされる問題

これも、種子法とは全く関係ありません。

なんども確認しますが種子法は食糧供給のために制定された法律であって、種については種苗法で守られています。

種苗法では、新品種の登録ができます。

登録されたものは育成権を持つことができて法律で保護されます。

特許みたいなものですね。

以上のことからもわかるように種子法とは全く関係ないし、廃止されたとしても全く問題ないのではないでしょうか?

まとめ

種子法について正しく理解できたでしょうか?

今、種子方があってもまったく意味がないんです。

必要ない法律はなくすべきです。

米は全国でも余っていて需要は下がってしまう一方、米農家の収入も不安定になってしまっています。

なので、これからは米のニーズに合わせた品種を育成して米の消費量をふやしたり、農家の収入を上げてさらには、海外へ日本の米を輸出できるようにするべきではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2018 All Rights Reserved.