二期作と二毛作の違いについてわかりやすく解説

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

二期作と二毛作聞いたことがあると思いますが違いについて説明できますか?

勘違いして覚えている人、初めて聞く人もいるかと思います。

そこで、今回は二期作と二毛作の違いについて紹介したいと思います。

二期作(にきさく)とは?

同じ土地(ハウス)に同じ作物を年に2回栽培すること。

メリット
同じ土地を利用して2回栽培できるので効率よく栽培できる。

収量UP。

デメリット
同じ作物しか作ることができない。

病気などが発生した場合、全滅する可能性がある。

二毛作(にもうさく)とは?

同じ土地(ハウス)に違う作物2種類以上を1年に栽培すること。

メリット
同じ土地で複数の野菜を栽培することができるので収量や種類を増やすことができる。

連作障害が起こりにくい。

デメリット
種類が多いため手間がかかる。

二期作と二毛作の使い分け

紹介したように二期作と二毛作では大きく違いがあります。

この違いをうまく利用することで収量や収益を増やすことができます。

ではどうやって使い分けるのか。

はじめに二期作から紹介します。

二期作は限られた土地ハウスなどで同じ作物を多く収穫したい場合。

四国などの暖かい地方では米を1年で2回収穫します。

次に、二毛作。

二毛作は種類を増やして収量・収益を増やしたい場合。

九州などでは夏に米を栽培して冬に小麦を栽培してます。

このようにして地域の条件や目的に合わせて使い分けるようにしましょう。

まとめ

今回は二期作と二毛作の違いについて紹介しました。

簡単に説明すると二期作は同じ作物、二毛作は違う作物を1年に栽培することです。

それぞれのメリットやデメリットもあるのでうまく使い分けるようにして収量・収益を増やしていきたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.