農業のオーナー制度って一体どんなもの?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

農業を始める前にぜひ知っておいていただきたいのがオーナー制度です。

 

いきなり土地を買って一人で全部農業をしていくのは大変ですよね。

 

オーナー制度を利用すれば、気軽に農業を経験することができます。

 

今回はそんな農業のオーナー制度について詳しく見ていきましょう!

 

農業のオーナー制度とは?

 

農業のオーナー制度とは、農地の一部の土地を土地の持ち主から借りでオーナーとなり、1年間など決められた期間農作業を行うことができる制度です。

 

「制度」と言ってもきちんとした法律などで決められているわけではなく、その農地の園主が定める基準に従う手軽なものなので、気楽に農業に関わってみたいとお考えの方にはとってもおすすめなんです。

 

オーナー制度に申し込むときに入会金などを支払えば、その後収穫した農作物はすべてオーナーのもの!

 

天災などで収穫できなかったときも、JAなどが保証してくれるオーナー制度もありますよ。

 

こんな農業のオーナー制度もある!

 

農業体験を気軽にできるオーナー制度。

 

1日だけの体験では物足りないという方にも、もっと本気で農業に取り組んで頂けるとってもやりがいのある制度です。

 

農業のオーナー制度への参加をご検討中の方のために、どんなオーナー制度があるのかもご紹介いたします!

 

まず人気なのが田んぼのオーナー制度。

 

田んぼの一部分のオーナーとなっていただきます。

 

田んぼのオーナー制度の面白いところは、田植え、稲刈りといったメインの行事にだけ参加してもOKというところが多いという点!

 

もちろんその間に様子を見に行ったり、草取りに参加したりすればもっと自分の田んぼに愛着がわき、収穫したお米を美味しく食べることができるでしょう。

 

次にみかんやぶどう、りんごなどの果物のオーナー制度も人気があります。

 

こちらもやはり、収穫というメインイベントにも参加しやすく、栽培できる量も安定しているので参加しやすいですね。

 

小さなお子様と一緒に参加すれば、育てることへの喜びも教えてあげられます。

 

オーナー制度を利用して、気軽に農業を始めよう!

 

農業を始めたい人におすすめのオーナー制度についでご紹介いたしました。

 

元から手入れされている木や田んぼ、畑の一角を買ったりレンタルし、そこで農産物の成長を見守るオーナー制度。

 

農家の方がアドバイスをくれたり、近隣の方と仲良くなれたりと、農業を始めたい方にとってメリットはたくさんあります。

 

ぜひ、オーナーを募集している近所の農家を探してみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.