メロン農家による栽培体験と実践方法の記録

【オリジナル箱】作るには初期費用がかかるが作ったほうがいい理由

佐々木
WRITER
 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、佐々木です。

先日、メロンのオリジナルの箱を作ろうと業者の人と話をしてきました。

そこでは、オリジナル箱から既存の箱まで様々な種類の箱が作ることができます。今回は、露地メロンの箱がまだなかったので相談とどういった工程で箱を作れるのかを紹介したいと思います。

作るには初期費用がかかるが作ったほうがいい理由

私が栽培している露地メロンは、昨年から新しく出来た秋田県のオリジナル品種の「あんめグリーン」というメロンです。

このメロンはでた出たばかりで箱も何もなくて、昨年は売るのに苦労しました。お盆の贈り物用に欲しいと言われても箱がなくて用意できなかったり、直売所でも箱があるほうが売れました。

そこで、今回オリジナルの箱を作って売りやすくしようと思ったのです。

ちなみに、「あんめ」というのは秋田弁で「甘い」という意味です。

初期費用の金額がかかるが大量生産すると抑えられる

オリジナルの箱を製作する場合、使用したいイラストや文字などを準備しておくと、箱の展開図に合わせてどこに配置すればいいのかを決めてもらえます。

それには専用のソフトで作られたほうがいいみたいで写真だけとかだと画質が荒くなってしまうみたいでうまく印刷できないようです。イラストレーターで作ったデータがあればOKらしいです。

気になる初期費用なんですが、実際にメロンの箱を作ったことがある農家に聞いたところ約30万ほどかかったそうです。

結構高いですよね。

実際には、これよりも今は昔よりも印刷代が上がっているらしくもっとするみたいです。印刷代とイラスト代、箱の型や箱代を合わせるともっと値段が大きくなりますね。

ですが、大量に生産するとその分コストが抑えられて安くなるみたいです。

大量生産するときの注意点

値段が抑えられるからと言って、一度に何枚も発注してしまうと次回発注するときに問題が発生する場合があるそうなので。

箱の型が約2年ぐらい使われないで放置されてしまうと、処分されてしまうそうです。そうなってしまうと、また初期費用が発生してしまいます。

そうならないように、1年くらいで使い終わる分を把握しておいて発注するのがいいと思います。

何万枚も発注して、何年か使用し続けて箱がなくなってから発注しようとして型が処分されてしまっていたりすることが多々あるそうなので気をつけたほうがいいですね。

オリジナル箱は3週間~1ヶ月製作にかかる

オリジナルで箱を作ろうとすると出来上がるまでに、3週間~1ヶ月ほどかかるみたいです。

箱の型やイラストの配置をしてからメーカーに確認をしてOKだったら無事発注できるそうなので作成する場合は予定を十分確認してからにしたほうがよさそうでした。

既存の箱も何パターンもあり、それは注文から1週間ほどで配達されるようです。既存の箱にはメロンの絵やデザインがあらかじめ入っているものから台座つきのものまで様々あります。

これだけでも、十分だとすればオリジナル箱を作るよりも安くなります。

予算がなければ、既存のパッケージを使ったほうがいい

オリジナルの箱を作るには、初期投資が必要なので予算があまり使えない場合は、既存のパッケージから気に入ったものを発注するといいと思います。

初めのうちは、そんなに経費を使えないかと思うのでできるだけ安く抑えられるようにしたほうがいいです。

経費だけかさんで回収できなかったら大変ですので。

もしかしたら、県などで違うかもしれませんが、補助金や助成金などで足りない分の補てんしてくれる場合があるかもしれません。

そのときは、補助を使うなどして作ったほうがいいと思います。

ヤマニパッケージでご注文・お見積もり可能

最後に、今回お話を聞きにいった会社のカタログをもらいました。

株式会社ヤマニパッケージという会社で箱を注文と見積もりができるみたいですのでリンクを載せておきます。

ヤマニパッケージ ←詳細はこちら

これから、オリジナルの箱を作ろうか考えている農家は一度相談してみてはどうでしょうか。

参考になれば幸いです。

今回は以上です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク











Copyright© melonote , 2019 All Rights Reserved.