農業記事

農業資材は業者とよく相談すると良い【資材によって加工できる】

農業をしていると細かい資材や大きな資材なんかを使うことがあるかとお思います。

農業資材とは、例えば支柱やマルチ、ポットなどといった農業に使う資材ですよね。

資材のカタログなどを見てもたくさんの種類があります。

どれを使っていいのかなんて分かりませんよね。そんな時は、業者の人に相談することをオススメします。

農業資材は業者とよく相談すると良い

 

業者の人にどういった目的でどう使うのかを聞くと一番よさそうなものを教えてくれる。

資材業者は資材についてよく知っている

当たり前なんですが、資材業者の人はいろんな農家に様々な資材を提供しているので詳しいです。

そんな資材業者の人に自分が考えているようなことができるような資材があるのかを相談しましょう。

自分で悩んで選んだものが実際使って見ると「なんか違ったな」などとなってしまったら無駄にしてしまいますよ。

資材は農家によって用途が様々

同じ資材でも、使う農家によって用途は違うみたいです。

これは、資材業者の人に聞いて知ったことなのですが、パイプでもハウス内でつかったり外で風除けのネットを張るためにつかったりなどするようです。

カタログだけ見ても、ものすごい数の種類があるのでそれを組み合わせて使ったりなどしているようなので農家によっても使い方が違ってくるそう。

資材によっては加工してくれる場合がある

資材によっては好みのサイズや長さにカットしてくれるようなこともあります。

自分でカットや加工するのが面倒なら相談してみるといいですよ。

その分、加工費が別途で発生してしまいますが…

カットや加工に時間がかかってしまうようなら頼んでもいいと思います。

時間を短縮できるのであれば効率的に作業を進めることができると思います。

体験談:資材業者に相談してカット加工してもらった話

実際に、ハウス資材のことで業者の人に相談したことがあるので紹介したいと思います。

トンネルビニールのカット加工

冬場のダイコン栽培のときに、ハウスで保温するためにトンネルにビニールをかけて保温しなければなりません。

そのときに、トンネル支柱にあわせた大きさにビニールをカットしてもらいました。

大きさも長さもちょうどいい感じで、とりだしてすぐにトンネルに被覆することができスムーズに作業を進めることができました。

ハウスメロンの支える単管パイプ

ハウスでのメロン栽培に使っている単管パイプも倒れないようにするにはどう使っていいのかを相談したら「こうしたら重さで傾くこともなくうまくいくのでは」とアドバイスをくれました。

パイプの組み合わせ方も教えてもらい、その通りにしたらうまくいきました。

これもパイプカットしてもらったので、多少値段が多くかかってしまいましたが思いどおりにいったので全然ありだと思いました。

資材業者にはどこで会えるのか

こんな感じで資材相談すると、自分の思ったとおりの資材を提案してくれます。そんな資材業者の人とはどこで会えるのか気になりますよね?

実は以外と簡単で、農協から資材を注文しているのなら注文して資材が運ばれてくるときに業者の人が持ってくるのでそのときに相談してみるといいです。

いつ来るのか分からないのであれば、農協の人に連絡先を聞いてみるといいですよ。

大抵の場合は、相談に乗ってくれると思います。もしも、忙しそうであればあとで連絡して聞くなどしたほうがいいです。

 

というわけで、今回は以上です。

初めのうちは聞きにくいかもしれませんが、相談する価値はあるかなと思います。仲良くなると気軽に相談することができると思うのでちょっとしたことから聞いてみてはどうでしょうか。

[kanren url=”https://nira-melon.net/news/agricultural-cooperative/”] [kanren url=”https://nira-melon.net/news/nougyou-keikaku-rinnkiouhenn/”]
ABOUT ME
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 。ブログでは農業の考え方などを配信中
こちらの記事もおすすめ!