キツい?大変?「農業=マイナスイメージ」を払拭するには

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

農業と聞くとどんなイメージがありますか?

 

多くは「キツそう」「大変」「汚い」「お年寄り」…と、

 

そんなマイナスイメージが多いと思います。

 

しかし、実際の農業はそんなマイナスイメージどおりのことばかりではありません!

 

「農業=マイナスイメージ」を払拭し、より多くの人に農業に興味を持ってもらうことも、今後の農家の課題の一つと言えるでしょう。

 

農業へのマイナスイメージあれこれ

農業へのマイナスイメージは様々。

 

お盆休みやゴールデンウィークもなく、早朝からずっと働かなけでればならないので、さきほどご紹介したような「キツそう」「大変」というイメージがつきまといます。

 

さらに高齢化がどんどん進んでいるので「お年寄り」がするもの!なんて偏見も。土仕事なので、現代の都会に住む方にとっては「汚い」と感じることもあるようです。

 

さらに最近では「稼げない」「結婚できない」というマイナスなイメージまで!

 

ここまでくるとそれは人それぞれなのでは…とも思ってしまいますが、とにかく大切なのは、農業へのこのようなマイナスイメージを払拭すること!

 

農業へのマイナスイメージを払拭するには?

 

現代の農業へのマイナスイメージはここ数年で根付いたようなものではなく、かなり長い歴史の中で作られてきました。

 

なのでちょっとした企画なんかではなかなかマイナスイメージを払拭するのは難しいでしょう。

 

「農業=マイナスイメージ」を持っている方に一番手っ取り早く農業の楽しさを教えるには、やはり体験してもらうのが一番です。

 

農業に関わっていない人たちが思うより農業は充実感があり、インターネットでは知ることのできないリアルな知識や質感、景色を得ることができるのです。

 

しかしそもそも農業にマイナスイメージを持っている方に農業体験をしてもらうのは難しいですよね。

 

そこで重要になってくるのが、もっと身近に農業体験をできる機会を作ることなのではないでしょうか。

 

小学校や幼稚園の頃から農家に見学に行ったり、学校で畑を作ったりしている地域もありますよね。

 

「農業って楽しい!」というイメージを少しでも身につけてもらうために、様々な取り組みに注目してみましょう!

 

農業のマイナスイメージを払拭していこう!

 

農業の「カッコ悪い」「キツそう」「ダサい」などのマイナスなイメージについてと、それらを払拭するためにできることをご紹介してきました。

 

まだまだ農業へのマイナスイメージは強く、いきなり変えていくのは難しいのが現状です。

 

しかしまずはオーナー制度を作ってみたり学生のインターンを募集してみたり、若者が農業に触れる機会を設けてみるのも、マイナスイメージを払拭するための大きな一歩になるのではないでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.