深刻な農業の人手不足について考えてみよう

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

現在、農業における人手不足はかなり深刻な問題となっています。

 

本日はそんな農業の人手不足問題について考えてみましょう。

 

現在農業を営んでいる方も、これから農業に関わりたいと思っている方も、ぜひ読んでみてください。

 

農業の中でも進む高齢化

 

農業の人手不足の最大の原因は高齢化。

 

日本はどんどん高齢化が進んでいますが、中でも農業の高齢化は深刻な問題です。

 

肉体労働ですので、高齢者の方は体力やケガなどから続けることができなくなり、どんどん国内での生産率も下がってしまいます。

 

このまま高齢化が進んでしまうと、ほとんどの農作物を輸入に頼らざるを得なくなるかもしれません。

 

後継者不足も農業の人手不足の原因に

 

農業の人口不足の原因は高齢化だけではありません。

 

若い後継者がいないことも大きな原因です。

 

農業と聞くと泥にまみれたり汗をかいたり肉体労働だったり、マイナスなイメージを思い浮かべる方も多いですよね。

 

畑を耕すより、都心の清潔なオフィスで働く方がいいと考える若い方が多く、農家出身の人でさえ農業を継がなくなってしまっています。

 

女性も、農家の人とは結婚したくないと思う方が多くさらに後継者不足に拍車をかける結果に。

 

今後、どのようにして若い人材を獲得するかが、日本の農業の行方を担っています。

 

農業の人手不足を解決するには?

 

高齢化、後継者不足によってどんどん農業人口は低下しています。

 

では、どのようにして人手不足を解決していけばいいのでしょうか。

 

現在、農家の一部が実施を始めているのがインターンシップです。

 

若い学生などに農業を手伝ってもらい、インターンシップが終われば正社員として採用するというもの。

 

「農業=農家出身者が継ぐもの」という考えを打破し、新たな就業先として考えてもらうことを目的としています。

 

外国人労働者を受け入れる体制も整いつつあります。

 

しかし外国人労働者の雇用を増やすと日本人の雇用口が減ることや、外国人労働者とのトラブル、失踪、賃金の不払いなど、問題も多くあります。

 

今後どのように制度が変わっていくのか、目が離せません。

 

さらに、「農業を始めるにはお金がかかる」というイメージを払拭するため、補助金などの制度もたくさん用意されています。

 

しかし手続きが複雑だったり、それでも費用がかかったりと、なかなか浸透していないのが現状です。

 

農業の人手不足解決にはまだまだ問題がたくさん!

 

以上、農業の人手不足問題についてご紹介してきました。

 

高齢化、後継者不足など様々な問題があり、国も解決に向けて動いてはいるもののまだ糸口は掴めていません。

 

今後新たな制度ができる可能性もありますので、農業界のニュースをよくチェックしておきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.