品種改良、名前は聞くけど何をしているの?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

野菜の品種改良は聞いたことがありますか?

よく豆乳のパックの側面を見ると遺伝子組み換え大豆不使用ですとか書かれていますよね。

品種改良とはその名の通り、野菜をこちらの都合のいいようにオリジナルのものを食べやすい・加工しやすいといった理由から改良を加えているものです。

今回は野菜の品種改良について詳しく見ていきましょう。

品種改良には何がある?

品種改良とは総称で内容は様々です。

例を挙げるとバナナも品種改良されたものの一つです。

皆さん食べたことがあるでしょう、バナナ

実はこのタネって元々は大豆よりもパチンコ玉よりも大きいタネだったんです。

ご存知でしたか?

品種改良して食べやすくなっています。

果実の実の部分として食べているところは体積としては非常に小さいものでした。

今ではタネはごまぐらいの大きさか、あるかないかわからない程度の黒い点になっていますね。

また、トマトは元来非常に小さく、毒のあるものもあったそうです。

今ではこれも品種改良されたおかげで食べやすくなっています。

他にもキャベツは原種野菜と言い、ブロッコリーの祖先となります。これには驚きですね。

品種改良には人間側の事情でこうして食べやすくなったもの、そして手入れのしやすくなったもの、またその際に害虫などから身を守れるように機能を付与されているものが挙げられます。

品種改良はどうやっているのか?

少し前にバイオテクノロジー分野が注目を浴びていましたね。

日本の食糧自給率の低下問題や医療分野などからも今尚注目を集めています。

野菜や果物の品種改良についてはこのバイオテクノロジーが使われています。

人にも植物にも、細胞としての違いは色々ありますが、共通して遺伝子を持っています。

その遺伝系を操作することによってより良い品種を作ることを可能としています。

少し踏み込むと、この遺伝子というのは塩基配列という4種の文字配列によって表すことができます。

その並びの順番や配列の部位によって体内での働き方が変わって来るのです。

この塩基配列、非常に便利なことに細胞系が同じであれば元の生物の塩基配列の一部を,別の生物の塩基配列の一部に置き換えることで新しい能力を発現させることも可能となるのです。

この技術はバイオテクノロジーの基礎でもあります。

品種改良の方法は他にもありますが、内面から働きかけるミクロの世界にはこのようなものが存在します。

メリットやデメリットについて

メリットは、当たり前に人間にとって都合よく作り変えられているのでわかりますね。

デメリットについてですが、その安全性の信頼度です。

先ほどの遺伝子組み替えの技術で考えると、長期的に評価試験をしているのか、短期試験をしているのかでも将来の我々のリスクが異なります。

短期的な試験では安全性が確保できていても、購入から長期間経って食すと体に異変が生じるなんてことになってはいけませんね。

また、バナナの例を挙げますとタネが小さくなるということは次の子孫を残すことが非常に難しくなるというデメリットがあります。

けれども、安全性については厚生労働省のページにもあるように安全性が認められたものしか市場には出てきていないので一般の消費者から見れば心配はいらないでしょう。

関連記事:F1品種と遺伝子組換えについて勘違いしてませんか?

より便利になることはいいことか?

品種改良を重ねること=人間にとって都合のいいものがたくさん出来ることでもありますね。

新しい、そして高機能食品がたくさん出ることは嬉しいことですが、同時にオリジナルがなくなっていくことにも繫がっています。

種の存続という意味で考えるとどうなのかな?とも思いますね。

虫が花粉を運ぶことで子孫を残すことのできる植物を、害虫が寄らないように品種改良してしまうと子孫を残すことができなくなりますね。

残すところは残し、変化も取り入れてくようにどちらもバランスよくコントロール出来るようにしていきたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.