農業のプロとアマチュアの違いってなに?

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

誰でも始めようと思えば簡単に始めることができるのが農業の良いところです。

男女年齢関係なく始められます。

例えば、家の庭やベランダで家庭菜園をしていたり、市民農園のように畑を借りて農業をしている人もいるでしょう。

こういったようなものは趣味で家庭菜園をしている方がほとんどだと思います。

あなたは、市民農園のような畑を見たことがあるでしょうか?

見たことがある人であればわかると思いますが、様々な野菜が栽培されています。

果菜類から根菜類、葉物野菜など…。

結構上手に栽培されている方もあればそうでない方まで様々です。

素人から見ても違いがわかるようにそこで育てている方はプロではありません。

上手に栽培できているのは長年栽培してきた積み重ねがあるため。

本業で育てているプロの農家ではなくて、アマチュアで趣味で栽培しています。

では、プロの農家と趣味で家庭菜園をしているアマチュアの違いとはなんなの?
と思いますよね。

今回は、農業のプロとアマチュアの違いについて紹介したいと思います。

 

プロ農家のアマチュア農家の違い

農作物を育てることを仕事にしていると一日の時間のほとんどは自分が育てている農作物のことばかり考えているのではないでしょうか。
病気になっていないかとかしおれていないかなど。

時には、夢の中にまで出てきたりすることがある人もいるのではないでしょうか。

実際に、私は夢に出てきたことがあります。(笑)

そのくらいプロ農家は農作物を育てることに集中しているのです。

ですが、趣味で家庭菜園をしている人や他の仕事のついでに栽培をしている人。

その人たちも同じように農作物のことを考えて栽培しています。

栽培をしている人と見れば同じですが、農業で生活している人として見るとプロとアマチュアでは栽培に掛けている時間の量が違います。

向き合い方も違います。

もし、栽培がうまくいかなくて失敗してしまったら収入を得ることができなくなってしまいます。

そうなると生活することが難しくなったり、お客さんや契約販売先からの信頼がなくなってしまうのです。

となれば、プロとアマチュアでは真剣度がまるで違うと思いませんか?

別にアマチュア農家が悪いとは言ってません。

専業農家というのはプロ中のプロということです。

プロにはうまく育たなかったり、病気になった時でも栽培技術や考え方で乗り越えられます。

ですが、アマチュアはもしもの時にどうすればいいかはわからずにダメにしてしまう可能性があります。

これは、農家それぞれによって違うことだと思うので、プロよりもアマチュアの方がプロらしいことだってあるでしょう。

だったとしても、プロであることの証明は農作物に現れます。

それを食べてくれる人に伝わるかどうかは農家次第です。

それを伝えるための情報発信力を持って高品質なものだとわかれば食べてくれる人にも「これはプロが育てた農作物だ」伝わるはずです。

プロ農家であるならば、ただ栽培方法に従って栽培していけばいいなんてことではないということを知っておくべきだと思います。

まとめ

今回はプロとアマチュアの違いについて紹介しました。

農業は誰にでもやろうと思えば始められます。

農家それぞれ作物も栽培方法も考え方も違うとは思います。

ですが、プロ農家であるならばちゃんと「プロの農業をしている」という自覚を持って栽培して欲しいものですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2018 All Rights Reserved.