共栄作物コンパニオンプランツを利用して無農薬栽培をしよう

佐々木
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

あなたは「コンパニオンプランツ」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

簡単に説明すると相性のいい作物を混植させることでお互いにいい影響を与えうまく植物が育つようになります。

今回はこのコンパニオンプランツについて紹介したいと思います。

コンパニオンプランツとは?

共栄作物または共存作物といい、農学・園芸での呼び方。

お互いに良い影響を与え、病害虫から守ってくれたり生育を助ける役割があります。

なので、目的に合わせて上手に組み合わせることで無農薬、減農薬での栽培ができやすくなるのです。

また、作物の間に混植することでスペースを有効活用することも可能。

このやり方だと、場所が限定される家庭菜園や少量多品目栽培に利用することができます。

効果的な作物の組み合わせ

混植することでお互いに良い影響を与える植物をいくつか紹介したいと思います。

マリーゴールド(センチュウを遠ざける) ➕ マメ科 ジャガイモ ダイコン

ネギ類(つる割れなどを防ぐ) ➕ スイカ、メロンなどのウリ科

バジル(アブラムシなどを遠ざける) ➕ トマト

効果的でない作物の組み合わせ

逆に混植することで生育が悪くなる組み合わせもあります。

レタス ダイコン ➕ ネギ ニラ

トマト ➕ ジャガイモ

カボチャ ➕ きゅうり

これらの野菜の組み合わせははっきりとした理由はないですが相性が悪いです。

本当に効果があるのか?

コンパニオンプランツを利用して本当に効果があるのか気になりますよね?

メロンとネギを混植した場合を例に紹介したいと思います。

メロンは根腐れ病、つる割れ病、つる枯れ病などの土壌伝染病が発生する。

それを予防するためにネギをメロンの根と絡み合うように植えます。

こうすると、メロンとネギの根が一緒に伸び始める。

ネギの根に共生した菌が土壌病原菌を抑えてメロンに感染しにくくなりました。

このことからネギはメロンの病気を予防することができコンパニオンプランツとして有効だと考えられます。

ただし、正しい組み合わせでないとコンパニオンプランツとして意味がないので注意が必要です。

まとめ

コンパニオンプランツを正しく使うことで病気の発生を無くしたり生育を助ける役割があります。

今回紹介した組み合わせは一部なので、家庭菜園をしてる方はどの作物と組み合わせがいいのかしっかりと調べた上で試してみではどうでしょうか。

コンパニオンプランツをうまく利用することで無農薬や減農薬栽培ができるようになるかもしれませんね。

木嶋 利男 家の光協会 2006-02-01
売り上げランキング : 138285

楽天ブックス
by ヨメレバ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© melonote , 2017 All Rights Reserved.