メロン農家による栽培体験と実践方法の記録

【メロンの摘果】良い形のメロンをつくるための選定方法【卵型が良い】

佐々木
WRITER
 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

交配をして3~4日してくると少しずつ子房が膨らんできます。

メロンは1つの樹に何個も実をつけておくことはできません。

そこで、いいものを選んでそれに栄養を集中させてあまいメロンをつくるようにします。そのためには摘果作業が欠かせません。

今回は、摘果で良い形のメロンを作るための見極め方について紹介したいと思います。

良い形のメロンをつくるための選定方法

結論から言ってしまえば、卵形がベストです。

6日後で2果に、8日目で1果にする。

交配後、4日後ぐらいから受精した花は子房が大きく肥大してきます。

6日後でだいたいウズラの卵大の大きさのときに良いものを2つ選んで他はすべて取ってしまいます。

このときにメロンに付いている花弁は灰色カビ病の防除のためにも早めに取り除きましょう。

交配後8日後くらいになると鶏の卵大になります。このときには1果に決めて摘果します。

子メロンの選定条件

摘果するときにの選ぶポイントは、

やや縦長で花落ちが小さいもの

・果枝部の短いもの

・肩がこけていないもの

・卵型に近いもの

上記のものに近いものを選定していきます。順番に見ていきましょう。

やや縦長で花落ちが小さいもの

花落ちとは、メロンの下の花びらが残っているところのこと。

これが小さいものを選びます。

花落ちから果実が腐ってくる場合があるので形が悪いものや大きいものは取ってしまいましょう。

果枝部の短いもの

これは、メロンの付け根あたりの首のT時のツルのところが短いものということ。

長いとメロンができたときに首が長くなってしまってあまりきれいなメロンにならないのでできるだけ短いものを選んでください。

もしも、短いものがない場合は仕方ないですが、短いものじゃないとダメなわけではないのであればで大丈夫です。

これはそんなに気にしなくても大丈夫なので、あれば優先して選ぶ程度でいいです。

肩がこけていないもの

肩というのは、上写真のようにメロンの上の首の部分がとんがったようになっているとその後の出来もかっこ悪いメロンができあがってしまいます。

なので、できるだけ肩がこけていない丸いものを優先して選ぶようにします。

卵型に近いもの

これが一番ベストで、縦長の卵型のようになっているもの。

卵型だと、「縦長になってしまうのでは?」と思うかもしれませんが成長して大きくなってくると丸く肥大してくるので縦長で大丈夫です。

逆に、横に太いとカボチャみたいなメロンになってしまうので注意が必要です。

これらの条件を満たしたものを、最終的に選択してよい形のメロンになるようにします。

摘果したメロンは食べられる

摘果したあとは捨ててしまうのかと思っているかもしれませんが、実は摘果メロンは食べることができます。

漬物にしたりぬか漬けにしたりして食べることができるんです。

味はキュウリに近いような味がしておいしいですよ。

道の駅などではたまに袋に詰めて売られていたりしているので探してみてみるとあるかもしれませんよ。

作り方も簡単にできるので、ちょっとした時間にも作れるのでオススメです。ぜひ試してみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐々木
秋田でメロン栽培している農家。 農業初心者&新規就農者に希望を届けたい! メロン栽培の面白さに惹かれ農業開始→就農1年目でメロンで壱等・知事賞を受賞 →3年連続壱等を取り顕彰状を貰う予定 。 ブログでは農業の考え方などを配信中【月間1万pv達成】
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



スポンサーリンク











Copyright© melonote , 2019 All Rights Reserved.